脊柱管狭窄症にはストレッチや筋トレは逆効果?

 

脊柱管狭窄症にはストレッチや筋トレは逆効果?
という質問ですが、

脊柱管狭窄症にはストレッチや筋トレは個人的には
正しいやり方さえすればむしろ効果的だと思います

脊柱管狭窄症とは、


骨や靭帯の肥厚や椎間板の突出などで脊柱管が
狭くなり、
脊髄が圧迫され腰の痛みや脚のしびれなどの
症状を起こすものです。

脊柱管狭窄症の原因としては、

ヘルニアやすべり症という病気以外は、

病院での診断は加齢によるものとされるそうです。

加齢ならみんな脊柱管狭窄症になるの?

って声もありますが、


70代で10人に1人の割合だそうです。

1275724


脊柱管狭窄症をストレッチや筋トレで改善
するにはどうしたらいいのか。

まずは、

病院でしっかりと診察を受けて、

病院で手術や治療が必要なのか診断を受けて下さい

そのうえで、

手術の必要性がなく湿布や腰を引っ張るだけと
いった治療だけで、

あなたが現状に満足いかないなら

あなたのお近くの整骨院や治療院に

脊柱管狭窄症のストレッチや筋トレ方法を

ご相談してみてはいかがでしょうか。


整骨院や治療院の施術ではあなたの脊柱管狭窄症の
骨や靭帯の変性を元に戻す施術はありません。

しかし、

脊柱管狭窄症の進行を遅らせたり症状の悪化を
防げる可能性がある施術方法や

脊椎管狭窄症に適したストレッチ体操や筋トレ方法
があるかもしれません。

なぜならば、

脊柱管狭窄症の原因が病気なら回復には、

医師の手術や投薬などが必要となりますよね。


病気が原因とされる以外には、

日常生活や仕事での骨や靭帯への負荷や
姿勢不良によるものかと予想されます。

そうであれば、

負荷がかからないようにしたり

姿勢不良にならないようにしたりすれば

脊柱管狭窄症の進行や悪化を少しでも防げる
可能性があるかもしれません(*^_^*)

1234901
でも、

なにもせずジッとして下さいってことでは
ありません。

脊柱管狭窄症の原因が

仕事や日常生活の負荷や姿勢不良であったとして、

その積み重ねが根本的な原因とすれば、

それを改善できるような施術をしたうえで

さらに悪化しない様に

脊柱管狭窄症の予防のためにストレッチや筋トレを
するのが良いかと思います。


もしその方法が気になるのなら

あなたのお近くの整骨院や治療院に相談してみる
のも良いかもしれません(*^_^*)

当院でも

脊柱管狭窄症にストレッチや筋トレで改善できる
可能性がある方にはおススメの方法を
お伝えしております。

気軽にご相談いつでもお待ちしております。


072-204-1212

福田はり灸整骨院 ふくだまで


最後までご覧頂きありがとうございました。

 

脊柱管狭窄症のストレッチや筋トレ方法や
ぎっくり腰腰痛に関する情報はこちらのブログから
ご覧いただけます(⌒∇⌒)

 

腰が痛いときは整体やマッサージに行ってはダメ?

デスクワークで腰が痛くなるので座り方を変えたい

腰痛に湿布は温かいのか冷たいのかどっち?