くせになるくり返すギックリ腰とエアコンの意外な関係

 

くせになるくり返すギックリ腰に残暑厳しいこの
時期によく治療と対処法を求めて来院される方が
多いような気がします。

くせになるくり返すギックリ腰とエアコンの関係は
わたくしは個人的にはあると思います。

 

youtsu_woman

今年は猛暑と呼ぶにふさわしい
暑さでしたねι(´Д`υ)アツィー

今年は特に猛暑なので、

くせになるくり返すギックリ腰で来院される方が
多いような気がします

ギックリ腰のイメージって、

重いものを持った時にグキッ!って音がして骨が
ズレるシーンをテレビで見た記憶がある方も。

でも人体の中心にあり大黒柱のように体を
支えている腰の骨がズレるほどの衝撃って
日常生活ではなかなか少ないと思います。

もちろん腰の骨はガチガチにじん帯で
固められていますし、筋肉や脂肪だってある。

でもなぜか、

ツラそうに体をまげて腰を押さえている方は
「ギックリ腰なんですが」といわれます。

そうなんですよね。

腰に激痛が走った!

動けなくなった!

からだを伸ばせない!

などなど。

でも腰が実際どうなっているのかはわからないので

あの「グキッ!」ってやつだなと
イメージしてしまうのではないでしょうか。

ギックリ腰のイメージが痛みに対する恐怖心や
不自由な日常生活を余儀なくされるという
ストレスが、さらに症状を悪化させる原因の
一つになる可能性もあると思います。

実際に当院での施術はからだのバランスを整え、
痛みに対する恐怖心や、痛みの原因とされる
ストレスを取りのぞく方法をつかっています。

では次の3つの項目に分けてご説明いたします。

1.くせになるくり返すギックリ腰がエアコンとの
  関係で増えるわけとは?

2.ギックリ腰になってしまったらするべきことは
3.ギックリ腰の予防対策とは?


1.くせになるくり返すギックリ腰がエアコンとの
  関係で増えるわけとは?

 

eakon_reibou

これだけ暑いとどこのご家庭でもクーラーを
つけっぱなしなんてこともあるのでは。

しかもテレビやネットからは
「熱中症対策」
の情報が常に配信されていますよね。

ここでみなさんはからだを冷やそう冷やそうとして
冷たいものを過剰に取る傾向になる場合があります

そうすると、

胃腸の消化を助ける酵素の働きが悪くなったり
胃腸の血行が悪くなり消化不良が起こったり

することがあるそうなのです。

そうすると、

からだの疲労の回復や血流の回復にひつような
栄養などが不足して健康な状態ではない場合がある

ということは、

ギックリ腰に限らず何らかの不調につながる
可能性もあるのではないでしょうか。

 

sick_atsui_woman


2.ギックリ腰になってしまったらするべきことは

もしあなたがギックリ腰になってしまったら、

1、まずは落ち着いてゆっくり呼吸してください。

2、安静にできる場所であればそのまま安静に、
      移動できるのであれば安全な場所に。

3、自分自身で判断してシップやコルセットで
      経過を見ずに医療機関での診断を
      おすすめいたします。

4、動けない方やどうしていいかわからない方は
  
 救急安心センター
♯7119に電話して相談してみて下さい

♯7119が普及していない地域の方は
お住まいの地域の救急安心センターまたは
医療相談窓口にれんらくしてくださいね。

もしすでに救急安心センターに相談され
医療機関に受診された後で血液検査やレントゲンや
MRIなど適切な診断を受け異常なしと
診断されたうえで、受診された医療機関の治療に
満足されていなかったりと、

より良い効果の施術をお求めの方は

お近くの通院可能なギックリ腰施術に強い整骨院や
鍼灸院や按摩マッサージ治療院に相談するのも
いいかもしれませんね。

当院のblogも参考にしていただければと思います

ギックリ腰になったら絶対にしてはいけない
3つのこととは!?その1


当院に通院可能な方は
072-204-1212 フクダまで

 

3.ギックリ腰の予防対策とは?

当院では猛暑の続く期間にギックリ腰で来院された
患者様にある質問をします。それは、

「毎日お風呂に浸かってますか?」

すると当院へお越しのギックリ腰や腰痛の方の
8割以上は、

「夏場はシャワーだけです。」

とお答えになります。

さらに、

食事はのどを通りやすいメン類や
冷たく水分の多いもの。

これでは一日中外から冷やされ中から冷えて
1.でお話したように胃腸の活動は
低下してしまい、

いざからだに良いものをとバランスの良い食事に
変えても消化が追い付かない場合もあります


猛暑におけるギックリ腰の予防法としては

1、なるべくお風呂にゆっくり浸かる

ずっと冷やされた体を一度リセットするのも
良いかもしれません。

長い時間お風呂に入るのが苦手で温まりにくい方は
半身浴か、こちらの当院のblogを
参考にしてみてくださいね。

ぎっくり腰のかんたん夏の3つの予防とは


2、バランスの良い食事をよく噛んで食べる

温野菜など温かい食事で消化の良いものを
ゆっくりしっかり噛んで胃の負担を少なくするのも
良いかもしれません。

あと個人的にはストレッチ体操や寝るときは、
冷えないように下はスエットのゆったりパジャマを
なるべく履いて寝ています。

最後に、

当院に「ギックリ腰になった!」と来院される方は
皆様腰に痛みが急に出たのでギックリ腰だと
判断してお越しになられます。

すぐにお越しになることは
非常によい判断だと思います。

中には自己判断でシップやコルセットでごまかして
時間がある程度経過した症状や痛みが出るのを
繰り返してやっとお越しになる方も。

これでは逆に治癒までの期間が
長引いてしまうこともあります。

当院ではギックリ腰の治療も大事ですが、
「なぜギックリ腰になったのか?」という発生の
原因をよく理解していただいて今後の予防や再発の
防止に努めていただけるようにカウンセリングも
重要視することを目標としております。


今あなたのお体で不安に思うことやわからない
ことがあればお電話でもご相談お待ちしております

072-204-1212 フクダまで

最後まで読んでいただきありがとうございました。

当院の施術にご興味のある方はこちらのHPを
ご覧ください。
https://peraichi.com/landing_pages/view/sakaifukudaharikyuu