ぎっくり腰治療期間は○○日以内?

 

ぎっくり腰治療期間は何日以内に来た方が良い?

ぎっくり腰治療期間は何日以内に来た方が良いかと
帰りの受付で聞かれる方が多いのですが、

ぎっくり腰治療期間は何日以内に来た方が良いかと
いうと、

当院ではぎっくり腰治療期間を

最初の三回はできるだけ可能なかぎり短い期間で。

できればぎっくり腰治療期間は

三日間で三回がベターですと
お伝えしております(*^_^*)


いやいや!

仕事が!

家事が!

時間がないよ!


わかります。(;^_^A

そりゃそうですよね。皆様忙しですよね。

1668000


ではぎっくり腰治療期間が

なぜ当院が出来るだけ短期間で通院する方がよいと
おススメしているのかご説明しますね(⌒∇⌒)


1.早くぎっくり腰の痛みを改善することができる


2.ぎっくり腰の再発や悪化を防ぐ事が出来る


3.正しい姿勢や可動範囲がわかるようになる


などなど、

当院がおススメしているぎっくり腰の治療で

出来るだけ短い期間でぎっくり腰治療期間を
設定することにより

少ない回数で痛みをとり改善することが
可能であると考えております。

 

もしあなたのぎっくり腰の原因がはっきりと
わからなかったら、

もしかしたら、

日常生活や仕事の姿勢不良や疲労の蓄積

と予想されますので、

ぎっくり腰の施術期間をあけて

その間にぎっくり腰の原因とされる姿勢不良や
疲労がまた蓄積されてしまったら、

ぎっくり腰の再発の可能性もあるかもしれません。

さらには悪化の可能性もあるわけです。

534483


ぎっくり腰治療期間をできるだけ短くすることに
より、

再発を防ぎ改善を早めることが出来ます。

また、

ぎっくり腰の痛みやぎっくり腰の恐怖心が
なくなることにより、

正しい姿勢に出来たり正しい筋肉の使い方

が出来たり、

緊張がなくなることでリラックスできたり

関節の可動域

も変わってくるかもしれませんので

血行や筋肉の柔軟性や筋肉量

などに影響する可能性もあるかと思います。

886000


まずは、

ぎっくり腰の根本的な原因がわかれば
ぎっくり腰の治療期間も予想できるので、

あなたのお近くの病院などで診察してもらうことが
良いのかもしれません。


そのうえで、

内科的な疾患や骨の病変など認められない場合で

病院の治療や処方でぎっくり腰の痛みが
すぐに改善しない場合は、

あなたのお近くの整骨院や治療院に気軽に
ぎっくり腰の治療期間をご相談ください。


当院でも、

ぎっくり腰の根本的な原因を治療するのに
特化したぎっくり腰治療がございます(*^_^*)


072-204-1212

福田はり灸整骨院 ふくだまで


最後までご覧頂きありがとうございました


ぎっくり腰治療期間は何日以内に来た方が良い?
などお困りの情報はこちらのブログを
参考にしてみて下さい(*^_^*)


腰痛の原因は寝起きにはなかった?

ぎっくり腰で整体するのは保険適用になりますか?

なぜ季節の変わり目には風邪やギックリ腰や
寝違いが多いのか