ぎっくり腰で整体するのは保険適用になりますか?

 

ぎっくり腰で整体するのは保険適用になりますか?
とご質問いただきました。

正解は、

ぎっくり腰で整体するのは保険適用になりません。


最近は、

世間一般では整骨院は保険でマッサージできる
ところなどと

間違った認識を受けているようですが、

整骨院は、

骨折、脱臼、捻挫や肉離れや打撲などの治療。

身近なもので整骨院では、

ぎっくり腰や寝違えなどの急に痛くなった時
痛みをすばやくとる治療などです。


骨折脱臼捻挫や肉離れ打撲や急性の

ぎっくり腰や寝違えに関しては保険適用範囲です。


よくご年配の方が言われる

あんま、マッサージ、指圧は

按摩マッサージ指圧師という国家資格を持った
先生が施術を保険適用範囲と申請して

認められると保険適用になるとされています。

361665


したがって、

整骨院であん摩マッサージ指圧師がいないのに
マッサージなどで保険適用することは

不可能です。

整骨院では


「柔道整復師」


と呼ばれる国家資格を持った

骨折、脱臼、捻挫、挫傷、打撲等を治すプロ。

が必ずあなたを施術するという法律があります。
                        *はり、きゅうは鍼灸師


当然ながら、

ぎっくり腰や寝違いなどのケガも治せます。

急性期の範囲なら保険適用も可能です。

ですから、


リラクゼーション目的で保険を使うのは✖


整骨院の保険適用範囲での後療法として


「軽擦法」


と言われるマッサージに似た施術法は〇
とされていますが、


あくまでケガの治療に関して保険適用されます。


この違いに関しては、

整骨院に行くと柔道整復師か鍼灸師の資格を持った
ぎっくり腰や寝違え治療のプロが、

必ず問診や検査やカウンセリングをして、

保険適用可能か判断してくれます。

 

整体はといいますと保険適用は✖

 

柔道整復師や鍼灸師の専門学校では

マッサージはもとより整体なんてものは
教えてくれません(´;ω;`)

しかし、

先生方は患者さんを少しでも早く良くしたいと

休日や営業時間外に自費で勉強しに行ったり
先輩にお願いして整体法を勉強しているのです。


整体に国家資格はありません。


したがって適用される健康保険もありません。

ですから、


ぎっくり腰で整体するのは保険適用になりません。

1091521

 

保険はあくまでも保険使用範囲が決められています

整体は当然ながら自費になります。

当院では、

保険治療以外に整体もした方が早く良くなって

結果的に、

通院回数も少なくなるほうが良いって方には

おススメしております。(*^_^*)

11671192


あくまで整体は、

必要性を説明して患者さんが納得されたうえで

患者さんのご希望に沿って施術します。

さることながら、

施術を希望されるのは患者さん本人です。


よく説明を聞きカウンセリングに納得されて
保険適用外の整体を希望されるのであれば〇


説明に納得しないまま半強制的に
保険適用外の整体を受けてしまうのは✖


ないとは思いますが。

初診で半強制的に高額な回数券を売りつけたり

説明もないまま

清算で数千円以上の治療費を払わせる整骨院は

ないと思いますが(-_-;)

そんな時は、

施術の明細を求めたり、

数日以内なら購入した商品のクーリングオフ
可能だと思います(⌒∇⌒)


ぎっくり腰で整体するのは保険適用になりませんが

あなたのお近くの整骨院や鍼灸院の国家資格を
持った先生は、

あなたのぎっくり腰や寝違いなどの痛みを少しでも
早くとる方法を熟知したプロフェッショナルだと
思います。

保険適用か保険適用外かで最善の施術法を
提案するのは国家資格を持ったプロの先生ですが、

どうしたら一日も早く痛みから解放されるか
納得して選択するのはあなた自身です。

当院でも、

ぎっくり腰治療には自信をもっておススメできる
治療法をご用意してお待ちしております。


そして、

カウンセリングを受けていただいて納得の上
治療を受けていただくようにしております。

いつでも気軽にご相談ください(*^_^*)

072-204-1212

福田はり灸整骨院 ふくだまで


最後までご覧頂きありがとうございました。


ぎっくり腰で整体するのは保険適用になりますか?
などのぎっくり腰腰痛に関するブログも
こちらからご覧頂ければと思います(⌒∇⌒)


腰痛に湿布は温かいのか冷たいのかどっち?

腰が痛いときは整体やマッサージに行ってはダメ?

ぎっくり腰は整骨院の通い方で悪化を防げる