むちうちの安静期間を1週間と診断されましたが本当に治りますか

 

こんにちは。堺市西区の南海本線石津川駅前にある

堺市西区浜寺石津町でむちうちの治療

交通事故のむちうちのつらい痛みや痺れの治療や

むちうち治療の自動車保険のアドバイスに強い

福田はり灸整骨院のふくだです。

よろしくお願いいたします。

 

交通事故で追突されむちうちになり病院へ。

 

病院の診断書にはむちうちによる頚椎捻挫の

安静期間1週間と書かれていたので

 

自宅で安静にしていましたが1週間を過ぎても

むちうちの痛みは引かずむしろ強く感じますが、

 

診断書に書かれた安静期間で交通事故のむちうちが

ちゃんと治るの?

 

OMG151018200I9A1845_TP_V

 

こんな質問お電話でいただきました。

 

むちうちの治療で来られている患者様の病院からの

交通事故のむちうちの診断書の内容は、

 

頚椎捻挫 安静期間一週間を要する

 

頚椎捻挫 安静加療期間10日間

 

でも実際には診断書に書かれた安静加療期間に

むちうちが完治できていないのがほとんど。

 

ではなぜ医師は交通事故のむちうちに関して

 

そんなに短い安静期間の診断書を作成するのか?

 

ひとつは、

 

あくまでも目安としての安静期間の診断書です。

 

詳しい説明はこのブログを読んで見てくださいね

 

お医者さんの診断書どおりには治らないことも!?

むちうち頚椎捻挫の怖さとは!?

 

 

もうひとつは、

 

交通事故の行政処分の付加点数の規定の影響なども

あるのではないかといわれています。

 

規定では、

 

治療期間15日未満の軽症事故では

責任の程度が重い場合は3点。軽い場合は2点。

 

治療期間15日以上30日未満の軽症事故では

責任の程度が重い場合は6点。軽い場合は4点。

 

医師の診断した安静加療の期間によって

加害者の行政処分が影響を受けるためです。

 

さらに、

 

医師が交通事故のケガの際作成する安静加療の目安

となる診断書は被害者にとっても加害者にとっても

 

『治療部位を明確にする。」

 

「加害者の刑事責任を追及する。」

 

そのために必要になる非常に重要なものになります

 

交通事故で相手にケガを負わせた加害者として

刑事責任を追及される場合

 

被害者のケガが「全治15日以上」

 

となると、

 

重度の傷害となり重い罪に問われることも。

 

そのため、

 

むちうちなどの交通事故のケガでは

レントゲンやMRIなどの画像診断では

異常が診られない場合も多いため

 

軽度の傷害と診断され

 

「 全治14日未満 」

 

となることが多いようです。

 

つまり診断書に書かれた安静加療期間が長いと

加害者の処分が重くなることを医師が考慮しての

安静加療期間ではないかとされています。

 

もしこのブログを読んでいただいた方で何か

自動車保険や交通事故治療に関して疑問があれば

 

あなたのお近くの信頼できる病院や

整骨院にむちうちなどの交通事故のケガの

つらい痛みや痺れの治療や慰謝料や補償問題に

関して相談されてもいいとおもいます。

 

もしお近くになければ

 

当院にお気軽に相談してみてください。

堺市西区浜寺石津町西の

南海本線石津川駅前 福田はり灸整骨院

<072-204-1212 ふくだまで>

 

関連記事

むちうちなどの交通事故のケガに関する

ブログです。こちらもよろしくお願いします

 

交通事故治療と健康保険治療の

料金表&治療メニュー

 

むちうち治療は整骨院でも!?

交通事故のむちうち治療について

 

交通事故で怪我をしました。現在通院中の

整形外科の治療では良くなりません。

整骨院の治療ではどうですか?

 

交通事故のむちうち治療を不本意に

打ち切られないためには!?

 

 

当院は交通事故損害救済協会に加盟しております。

 

なにかのお役に立てるかもしれません。

いつでもご相談ください。

お電話でもお待ちしております。

 

むちうちなどの交通事故のケガのつらい

痛みや痺れの治療や病院からの

転院のご相談はお気軽にどうぞ。

いつでもお待ちしております

 

堺市西区浜寺石津町西3丁4-4

南海本線石津川駅から徒歩1分

緑の看板が目印

 

福田はり灸整骨院

℡ 072-204-1212 

ふくだまで

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。