運動会は危険がいっぱい!?パパ、ママ気をつけて!?運動会のケガ予防法とは!?

 

こんにちは。堺市西区の南海本線石津川駅から徒歩

1分にある堺市西区石津川で運動会のケガの治療や

スポーツのケガの治療に強い

福田はり灸整骨院のふくだです。

よろしくお願いいたします。

 

運動会といえば、

 

毎年学校や自治会で開催されますね。

 

学校でも父兄参加型種目などがあり、

 

肉離れや転倒などでケガをされる方も。

 

なにか運動会のケガ予防法はないの?

 

という質問に、

 

当院では運動会のケガ予防法の一例として、

 

こんなご提案させていただいております。

 

運動会に参加される父兄様のなかには、

 

学校のグラウンドを走り回っていたのは

 

遠い記憶のかなた・・・。

 

なんて方もいらっしゃるかもしれません。

 

貴方の脳も、

 

学校のグラウンドを全力疾走する記憶を

 

脳の奥底にしまっているかもしれません。

 

そして、

 

学校のグラウンドで全力疾走するための、

 

トラックのカーブをうまく曲がるための

 

身体の使い方、バランスの取り方を

 

脳が記憶を、

 

奥底にしまいこんでいるかもしれません。

 

さらに、

 

スタートのときの身体を押し出す時、

 

カーブを曲がるときの身体を支える時など

 

筋肉が動きの負荷に耐えられなかったり

 

筋力の不足や疲労がたまっていたり

 

血行不良で筋肉がただしく機能しなかった時

 

筋肉に瞬間的に縮む力と伸ばされる力がかけられ

筋肉がその力に耐えれなかったときに、

 

筋肉が肉離れを起こします。

 

運動会のケガの要因はいろいろあります。

 

nininsankyaku_oyako

 

当院のアドバイスは簡単!

 

運動会のケガの予防法は、

 

運動会前(10日~2日前)

に走る練習をしてください。

 

ただし、

 

いきなりは危険!

 

充分に身体を動かして温めてください。

 

ストレッチ体操を入念にされる方も

いらっしゃいますね。

 

 

当院では、ラジオ体操のような

 

動きのあるストレッチをお勧めしております。

 

膝の屈伸運動や開脚運動、

打席に入る前のイチロー選手のような体操

 

身体中の関節や筋肉を

 

最大限伸ばしたり縮めたりしていくと、

 

血流が良くなり身体が温まってくると思います。

 

次に、

 

最初は早く歩く程度から、

全力疾走の80%ぐらいまで、

 

少しずつ段階に分けて速く走っていってください。

 

走る場所がなければ、

 

その場で太ももをあげる運動で、

走るような格好をして、

 

太ももを上げる運動を

少しずつ速くしていって下さいね。

 

☆運動会当日もこの方法で身体を温めてくださいね

 

ポイントは、

 

1、競技前に100%の全力を出し切らないこと、

 

2、息が切れるぐらいまで準備運動しないこと、

 

3、筋肉が温まった状態で競技されることが

 

運動会のケガの予防法と当院では考えております。

 

運動会のケガなく、

楽しく過ごされることを願っております。

 

万が一ケガをされたら、

 

早めに近くの信頼できる病院や整骨院に

運動会のケガやスポーツのケガの相談、

検査や治療を受診してみてはいかがでしょうか。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます

 

 

 

当院でも運動会のケガの治療、

スポーツのケガの治療の相談

受け付けております。

お気軽に。いつでもお待ちしております

 

堺市西区浜寺石津町西3丁4-4

南海本線石津川駅から徒歩1分

緑の看板が目印

 

福田はり灸整骨院

℡ 072-204-1212 

ふくだまで