なぜ夜中に足がつる、こむらがえり!?クーラーの効かせ過ぎは危険!?

 

こんにちは。堺市西区の南海本線石津川駅から

徒歩1分にあるスポーツのケガや腰痛治療に

強い、福田はり灸整骨院のふくだです。

よろしくお願いいたします。

 

 

「夜中に足がつってねられへんかった!

なんで?こむらがえりっていうんやろ!?」

 

この時期、

 

患者様からこんな質問が多くなります。

 

 

 

当院ではこんな説明をしています。

 

 

足がつる、こむらがえりの原因は、

 

疲れと冷えです。

 

 komuragaeri

 

激しいスポーツのプレー中に汗をかいて

電解質の不足により足がつるという光景は

目にされると思います。

 

 

 

では、なぜ激しいスポーツもしていない

安静にしている夜中のベッドの中で

足がつる、こむらがえりで痛むのか?

 

 

それは、

 

日中にクーラーで冷えた身体を

さらにクーラーの効いた寝室で

冷やし過ぎてませんか!?

 

 

 

我々の体温は平均36度ぐらいでしょうか。

しかし、身体の中の深部熱は

37度近くにあります。

 

これは、生体の働きに重要な温度とされ、

 

人間は恒温動物と呼ばれ、この体温も

常に一定にしようとしています。

 

心臓を中心として体温維持され

脂肪も保温効果を高めてくれます。

 

が、体幹部から離れた足はこの体温の

恒常性から少し差が出てきます。

 

筋肉を動かすことによって

熱を発生させることは出来ますが

寝ているときはあまり筋肉を動かしませんよね。

 

だから、

 

 

寝ているときの体幹部と手足との温度差が

発生してしまいます。

 

ここで、クーラーで体幹部が冷えるころには

足はもっと冷えていることが多いです。

 

そして寝ている間に体幹部の体温はなんとか

維持していますが心臓から一番離れた足までは

体温維持できず、どんどん冷えていきます。

 

また身体が冷えすぎたり、冷たい食事や飲み物で

冷やしすぎた身体の深部体温を戻そうと

 

身体は常に活動状態になりがんばります。

 

そして、疲れきって、冷えた身体は

 

誤作動を起こします。

 

 

これが、当院が患者さんに説明している

足のつる、こむらがえりの原因です。

 

 

次回は、もし足がつった、こむらがえりの

場合どうすればいいのか、

 

足がつらないような予防策は?などの質問に

お答え出来ればと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

人間には高い治癒力があります。

 

もしかしたらその力がまだまだあるのに

 

そのままにして回復のチャンスを

逃してる方がいらっしゃるかも!?

 

お近くの信頼できる病院や整骨院に

一度相談に行かれてみては?

 

 

スポーツのケガや腰痛の相談

いつでもお待ちしております

堺市西区浜寺石津町西3丁4-4

南海本線石津川駅から徒歩1分

緑の看板が目印

福田はり灸整骨院

℡ 072-204-1212 

ふくだまで