往診はぎっくり腰で動けない方に対応の堺市の福田はり灸整骨院にご連絡ください

 

ぎっくり腰で動けない!

 

ぎっくり腰で動けない時はどうしたらいいの?

 

往診はぎっくり腰で動けない時来てくれるの?

 

大丈夫ですよ(⌒∇⌒)

 

往診はぎっくり腰で動けない方に対応の堺市の

福田はり灸整骨院にご連絡ください。

 

1091714

 

 

 

 

往診はぎっくり腰で動けない場合のみ対応

しております。

 

 

ぎっくり腰や慢性腰痛でも立ち上がって歩ける方は

 

あなたのお近くのぎっくり腰の改善の得意な病院に

診察に行かれた方が良いのかもしれません。

 

 

腰が怠いからとか凝っているから

 

ちょっと揉んでほしいとかマッサージして欲しい

には往診には対応しておりませんので悪しからず

 

 

 

ではなぜ、

 

往診がぎっくり腰で動けない方にのみ対応して

いるのか、

 

 

それは、

 

わたくしも過去ぎっくり腰で動けないという経験を

した事があります。

 

その時何を思ったか

 

 

独り暮らしで部屋でぎっくり腰で動けない

 

考えが浮かぶものはネガティブなものばかり

 

 

このまま治らなかったら?

 

 

仕事はいつから行けるの?

 

 

不安と激痛と動くことへの恐怖心で泣きそうに

(´;ω;)

 

ここで大きな問題は

 

 

助けを呼ぶべきかでした。

 

 

救急車を呼んでもいいのか?

 

 

大袈裟では?

 

 

そうなんですよね(;^_^A

 

できれば大ごとにしたくないって気持ち

お判りいただけるのではないでしょうか

 

 

01291270500

 

 

 

当時はぎっくり腰で救急車を呼んでもいいのか?

って葛藤がありましたが、

 

柔道整復師を目指して勉強してから

 

腰痛やぎっくり腰の原因は

 

筋肉や靭帯の損傷だけでなく

 

 

内臓の病変

 

 

血管や神経の病変

 

 

悪性腫瘍

 

 

などの重篤な疾患に繋がっている可能性も

あるかもという事でした。

 

ですから

 

まずは病院で診察を受けるためには

救急車を呼ぶという選択肢もあるかとおもいます

 

 

058610

 

 

 

しかしながら

 

病院の診察では

 

ぎっくり腰と診断され自宅で安静にするように

指示を受けることもあります。

 

しかし

 

 

仕事

 

家事

 

子育て

 

 

時間は安静にしてても過ぎていきます。

 

病院の診察ではひとまずは重篤な疾患につながる

可能性はないという事なので安心できたが

 

いったいいつまで安静にしておかなければ

ならないのか。

 

 

1245556

 

 

 

こうしている間にも大切な時間は過ぎていく

 

 

「だれか何とかして!!!」

 

 

そんなあなたのご希望に

 

 

「何とかします!!!」

 

 

で答えられるようにがんばります!(^^)!

 

まずは

 

あなたのお近くの信頼できる

 

ぎっくり腰で動けない時に来てくれる病院や

治療院の先生に気軽に相談してみては

いかがでしょうか(⌒∇⌒)

 

きっと何とかしてくれると思います。

 

当院でも

 

 

ぎっくり腰で動けない時専門の往診行っております

 

 

 

詳しくはこちらをクリックして内容をご覧ください

 

 

 

ぎっくり腰で動けないやぎっくり腰腰痛の改善の

相談お気軽にどうぞ

 

 

<ご相談・ご予約は>

 

 

072-204-1212

福田はり灸整骨院 ふくだまで

 

 

 

最後までご覧頂きありがとうございました

 

 

往診はぎっくり腰で動けない方に対応しております

などぎっくり腰や腰痛改善に関するブログ記事は

こちらをご覧ください

 

 

激痛原因不明だといわれたら?

 

ぎっくり腰になったら仕事復帰する期間

いつ?

 

ぎっくり腰動けないとなったときに最初に

やるべき対処法とは!